next door SMの世界への扉

SMあれやこれや

ノーブラの日

昨日7/9はノーブラの日らしいです。ご存知の方いらっしゃいましたか?

私は先ほどネットで知りました。
ブラジャーって女性にとっては本当に嫌な存在みたいですね。。
絞めつけられる感覚だとか、肩が凝るだとか、色々聞きますよね。

そんなブラジャーから年に一度だけ解放される、つまり「今日はノーブラ!」の日だそうです。
そこまでメジャーなものかはわかりませんが(;^ω^)

でもこれは男性にとっては大変嬉しい日ですよね!?
まぁこんなこと言っていると、またうちのM女たちから白い目で見られそうですが。笑

恋人にノーブラで来させて出掛けるとかそういうの大好きです。。
高校生の頃とかは明らかに透けそうなTシャツにノーブラでコンビニに行かせたりしてました。。
(石森は若気の至りで執行しましたが、法律に抵触する可能性があるので皆様はやめましょう。。笑)

ノーブラってエロいですよね。服に擦れるので乳首は立ちますしね。
おっぱいは生で触るより一枚薄い生地を挟んだ上からの方が感触が良いと思ってます。そして大抵の女性はその状態で愛撫した方が気持ちよさそうにします。

ノーブラの日についてネットで調べる過程で見た画像の中で一番高得点だったのがこれ↓

ノーブラ

さすがにちょっと透けすぎですが。。

ちなみにSadisticではホテルのお部屋以外でのプレイをお断りしているのですが、
女性をノーブラでご案内するだけであればいいかもしれません。
単純に「今この下はノーブラなんだ。。」と妄想するだけでも楽しいですし、女性の羞恥心もくすぐると思いますし、何よりもお互いにノーブラであることをわかっているので黙っていても面白い空気になりそうです♪

ご希望の方は石森にこそっと相談してみてください・・

ダメよ~ダメダメ。M女の場合。

もうちょっとピークを過ぎた感はありますが、、
流行ってますね〜 何とか連合。笑

フレーズと言い方が面白いのか、子供たちがこぞって真似をしているようですが、実はダッチワイフというのが何とも滑稽ですよね〜
あ、でも今の子供はませてるから知ってるのかな?苦笑

いいじゃないの〜?
ダメよ〜 ダメダメ!

なんだか、風俗店で本番行為を要求するお客様と女の子の会話に聞こえないこともないような…


さて、同じダメでもM女の場合はちょっと違ったりする場合があって、お客様も勘違いしてしまうことも稀にあるようです。

こちらが何かをしようとした時に、
「だめ!」「いや!」「やだ!」と言ったようなセリフを聞いたことはありませんか?

もちろん、本人が嫌だと思うようなことをしているのであれば、手を引いてあげる優しさも必要ですが、そうでない場合でもM女がそういった言葉を発してしまうことはよくあることで、単なる条件反射であることがほとんどです。

それに対しては、「じゃぁ止める?本当はしてほしいんやないの?( ̄▽ ̄)」とベタに責めてあげてください。
ベッタベタですが、M女はそんな焦らしプレイも大好きですですから。

また、もっと厄介なのが、苦痛系のプレイなどで、例えば、、
蝋燭なら「熱いっ!熱いっ!」 鞭なら「痛いっ!痛いっ!」 と叫べば、優しいご主人様なら「あっ、止めた方がいいかな?」とか「ちょっとやりぎなのかな?」とか「あんまり好きじゃないのかな?」と思われると思います。

しかし、、ややこしいことに、それは本当に嫌だと思っていない場合も結構あります。(嗚呼、ややこしい。)

でもよく考えてください。蝋燭が熱くないわけないですし、鞭が痛くないわけがありません。
蝋燭が熱くなくて気持ち良い、鞭が痛くなくて気持ち良い、そんな女性はおりませんよ。それらのプレイが好きだという女性だって同じです。

「熱くて熱くて仕方ないけど、、それを通り越した時に、、」
「すごく痛いけど、、ご主人様が喜んでくださるのが嬉しい、、」

そういった感覚なのです。

では、「どうやって判断するの?」ということになるのですが、答えは簡単です。
事前または事後に聞けばいいのです。
「こういうプレイはどう?」とか「苦手でも少しは頑張れる?」とか、、
いくら様子やリアクションを注視していたって、相手のことが何もわからないのに、その場で判断するのは不可能です。
男なんて女性の演技に簡単に騙されるんですから。苦笑
過信せずにきちんとコミュニケーションさえとれば、お互いに慌てずにプレイできる確率はぐんと上がります。

そうなれば、M女の「ダメよ~ダメダメ。」も、もっと楽しめるはずなのです!

2014-11-14-16-27-28

政治活動費でSMバー。笑

宮沢大臣資金管理団体がSMバーで政治資金 「私は行っていない」
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00279332.html

「大変大事な役職であり、成長戦略やエネルギーなど大事な問題があるので、身の引き締まる思いだ。政治資金の問題は常に気をつけてきたが、大臣として、よりしっかりやっていきたいし、政策の勉強も今まで以上にやっていきたい」

公の場でこう言った二日後ですよ。
もうね、笑っちゃいますよ。脇が甘さにも程がある。

自らの監督責任については「監督の不行き届けと言われればそうかもしれないが、なかなかわかりにくかったと思う。」と述べた。

日本の政治家たちが大好きな揚げ足とりなどくだらんと思ってますが、そういう世界に生きてるんだからもうちょっとガードを固くしないと。要職につく政治家は特に。マスコミが見つけるんだから、間違いなくチェックぐらいできるはずでしょう。

前任の小渕さんはこれまた問題外ですが、その直後の後任人事でこれですから。笑
大丈夫か安倍内閣!


また宮沢さんってこういうことがあって改めて見ると、見えるんですよ。。変態っぽく。笑

「私はそういう趣味はない。」

いやいやいや。笑

あれ、よく見たら当クラブの会員様でもこんなお顔の方がいたような。。笑
※うそです。念のため。

新宿でSMクラブ摘発

新宿にあるバーSADDLEという店舗が無許可営業で摘発されたそうです。
SMクラブではなくバーのようですけどね。

元ネタ http://www.hochi.co.jp/topics/20141003-OHT1T50333.html

その摘発についてはどうでも良いのですが、この記事に記載された以下の文章を読んで、私も同じSM業界に携わる身としては正直運営方針に疑問を覚えざるをえません。

「SADDLE」はホームページで「完全女性上位 変態M専バー」「女性崇拝空間」などと宣伝。さらに「演技や商売ベースではなく関係性の上下(もちろん女性が上)の差をはっきりつけています」「プライドを捨てきれない体だけのマゾは固くお断りします」などと説明している。


もちろん見せ方という意味では営利を追求していれば色々な手法があって然るべきと思うので、あくまでもこの謳い文句が店主のSMに対する考え方と捉えた場合の話ですが、これは単なるエゴイズムでしょう。

何故なら、それらはS側の人間が強要することではなく、自然と相手がそう思える関係性を築いていくこと自体がSMの醍醐味であり、それを目指すことで己も成長していくものではないかと考えるからです。

常連客もいたということなので、お金を払ってその対価として満足される方がいれば商売としては成立するのでしょうし、誰に文句を言われることではないのでしょうが、この考え方でSMの関係性を築こうと思えばそれはすぐに破綻するとしか思えませんね。

しつこいようですが、これが営業上の謳い文句ということなら面白いとは思います。

ちょっと違うかもしれませんが、こんなお店も面白いな~とは思います。
http://www.hardsm.net/

性欲の秋?変態の秋?

先週から今週にかけて怒涛の面接ラッシュで5日間で3名も面接しました。
結果は2名採用。
詳しくは会員専用ページより面接速報をご覧ください。
※会員様専用ページの閲覧はIDパスワードが必要です。当クラブの会員登録済みでIDパスワードを取得されていない方はオフィシャルサイトトップよりご申請ください。

冬を越えて春になると動物の活動は活発になるわけで、それにちなんでか変態活動も活発になるなんて話も聞いたりします。

振り返れば春と秋は応募が多いような気がします。まぁ春は新年度でまさに新しい季節ですので当たり前として、秋はなぜ多いのでしょうか?

秋といえば色々とありますが、「読書の秋」が一番メジャーでしょうか。
調べたところ秋になると夜が長く感じること(いわゆる秋の夜長)が読書に適しているというところから来ているようですね。

ん?、夜が長いということだから、、夜の営みも行われやすいということに繋がるような・・

ちなみに男性の性欲が一番強くなるのは医学的に10月らしい・・

よし、性欲の秋、変態の秋も定説としましょう。笑

9月10月は沢山の応募者と沢山の会員様からの問い合わせがあることを期待します!


それにしても、面接は当然ながら会員様もよくご存知の当事務所の受付所で行われるわけですが、普通はこの独特の雰囲気の中で絶対に冷静ではいられないですよね~

面接する方としてはその姿を見ているのが楽しいのですけどね( ̄∀ ̄)

受付所
ギャラリー
  • 2016年もよろしくお願いします。
  • ノーブラの日
  • [店内アナウンス]Sadistic会員の変態のみなさま~
  • 衝撃デビュー「電マアイドル」笑
  • 究極の凌辱プレイ「セルフ浣腸」
  • 究極の凌辱プレイ「セルフ浣腸」
  • 年齢ポリシー
  • 新春のご挨拶
  • 新春のご挨拶